13-2. 捕食者なき世界

  ユーラシア大陸の東から西まで1600万人もの子孫がいる、世界最大の家系だそうです。Y-DNA「C3c」です。日本には「C3a」が存在します。寒冷地適応する前の「C」はオーストラロイドだったはずですが、適応後はモンゴロイドの語源どおり肌の色が薄くなり、一重まぶたフラットフェースのいわゆるモンゴロイドに大変貌しました.....はずです。

  数年前に、アメリカのイエローストーン公園でオオカミを導入し生態系を復活させることで、木々や草花の緑も復活した、という新聞記事がありました。本書は2010年9月に科学ジャーナリスト、ウィリアム・ソウルゼンバーグによって書かれた、生態系の頂点に立つ捕食者(ここではオオカミ)をアメリカ人が絶滅させることで北アメリカ大陸の自然がどのように壊れていったか、木々や草花の緑が失われていったか、そして復活させるために研究者たちが武器業者、民衆、マスコミや政府と闘いながら地道に啓蒙活動を行いとうとうオオカミをイエローストーン公園に再度放つことに成功し、生態系が再び復活し木々や草花を食いつくす草食獣の異常増殖が食い止められ、結果緑も回復しつつあることを詳細に紹介している。

  陸上だけでなく沿岸部の大陸棚でもラッコの乱獲で生態系が崩れ、ウニが昆布を食べつくし生態系が壊滅しかけたが、再びラッコを導入することでウニの異常増殖が食い止められ、昆布も育ち再び自然な沿岸棚が育ってきたそうです。

  人類がオオカミやハイイログマなど、危害に会う大型肉食捕食者を絶滅に追い込んだ理由は、まだサルであった時代の食べられる側だった数百万年前から心に植え付けられている「恐怖心」であったと説明している。

  人類の軌跡は11章の「孤独な捕食者」に書かれている。200万年前頃アウストラロピテクス(猿人)は聖地だった更新世の森林が縮小し草原地帯が拡大していった時代に、必要に迫られやむを得ず樹上から降りて草原に、「想像するちから」風にいえば、後ろ手で立ったのです。(アウストラロピテクス=猿人とチンパンジーの分岐は「破壊する創造者」では400万年前頃、「想像するちから」では500万年前頃とされています)。樹上から降りたとたんに人類の祖先は、肉食捕食獣から逃げ回らなければならなくなった。そして逃げ回るためによりしっかり立つために「後ろ手」が「足」に進化したのです。勿論その代わり樹に素早く上る能力を捨てたのです。何故樹上に素早く逃げる能力を捨てたのか、それは本書の著者は、生き抜くための胆力と知恵があったから、再び樹上に逃げる必要がなくなったからだと説明している。

  それまで食べられる側だった草食のヒトの祖先は捕食獣の狩のやり方を学ぶ能力を身につけ、樹上の草食者から150cm程度の身長の草原に立つ猿人という肉食者に大転換を行ったようなのです。獰猛な捕食獣と闘いながら、食料を得るために、かつ食料にされないための闘いをしながら脳は発達し新参捕食者としての地位を確立させたようです。二本足で歩行する初の捕食者=肉食者に大転換する過程で脳が画期的に大きくなって行ったようです。また獲物が取れない時には死肉をあさることで肉食に徹する生き方を選んだのです。人類が肉を食べるのは(サルから人類に進化した要因なので)人間であるそのためなのです。ということはベジタリアンは人間であることを否定していることに等しいのかもしれません。

  倒した獲物や見つけた死肉を素早く独占し解体し隠すには作業を分担できる大家族が向いている、また近づく敵を素早く察知するためにはやはり大家族の多数の目が必要です、このため人類は家族集団を形成することを覚え、情報を瞬時に共有するために「言語」を発することを覚えたそうです。「想像するちから」風に言えば、その頃の人類の脳は、言語を習得し、サル時代の身体能力も全て維持するキャパシティを持っていなかったため、身体能力を捨てて言語を選択せざるを得なかったそうです。

  そして樹上で暮らす能力を捨ててまで獲得したもう一つの能力が、「二本足長距離歩行」だそうです。現在でもコイサン族の人達は獲物が力尽きて倒れるまで追いかけ追い詰める「追跡」能力を持っていますが、その追跡能力(長距離ランナー能力)は猿人時代にはぐくまれホモサピエンスになり完成したようです。この二本「脚」は人類が優秀なハンターつまり捕食者になるための必須の能力だったようです。石や骨で作ったこん棒などの簡単な武器を持ち、動物をとことん追い詰めるのが人類の「狩り」だったようです。

  結局、樹から降りて草食獣から肉食者に大転換したことで、チンパンジーと全く違う動物に我々は進化したのだそうです。サア!肉を食べよう!

  そして追跡能力=長距離ランナー=マラソンマンの能力が人類の基本的能力であることが解りました。マラソン好きは人類本来の本能かもしれません。 サア!走ろう!でも無理だ、じゃあ1日1万歩は歩こう!

  一方、アウストラロピテクスの子供の遺骨をみるとクマタカなどの猛禽類に食べられた典型的な跡が残っているそうです。人類の祖先はライオン、ヒョウ、ハイエナ、サーベルタイガー、ワイルドドッグなどの肉食獣だけでなく肉食の猛禽類とも闘いながら生き残ってきたのです。太古から追跡し追跡される生活を続けてきたことが、人類の心と体に消えることのない「恐怖心」という烙印を押したのだそうです。そのため、北米大陸ではオオカミが絶滅させられ、人類の居住地域ではヒトと捕食獣が遭遇することは滅多になくなり、ヒトは食われる心配をせずに生きられるようになったが、生態系の頂点に立つ捕食者を排除したせいで、生態系を狂わせ破壊するという結果を生んだのです。

  人類は生態系を操作できる特別な存在になってしまっています。つまり自然を破壊することができる能力を身につけるという進化を遂げてしまったのです。まさしく自分たちだけが世界を支配する「利己的な遺伝子」に成り下がってしまったのです。リチャード・ドーキンスの言うように遺伝子自身がそれを欲したのでしょうか?利己的な遺伝子が生態系(地球環境)を破壊するという許可を地球と言う天体から得たとは思いたくはありません。昔の偉い哲学者は「我思う故に我有り」と、人間が人間として存在する理由を言いましたが、それも遺伝子がそのように発言させたのでしょうか?すごく思いあがった考え方だと今は思います(欧米人の発想なのかな?)

  しかしそうは言いながらも、人間は子孫を残し遺伝子を脈々と伝えることや「家=遺伝子」を守ることなどが与えられた仕事であることも間違いありません。その部分は確かに「利己的な遺伝子」が仕組んだことなのかもしれませんね。ジンギスカンが大量の子供たちを残し、子供たちに対し大量の子孫を残すように指示遺言し、結果ユーラシア大陸東西に渡り1600万人ものY-DNA「C3c」遺伝子をバラまいたのも、その際にユーラシア大陸の各地にイル汗国などの汗国を作らせ、その土地の住民になりきり、遺伝子を徹底的にその土地に根付かせたのも、「利己的な遺伝子」自身がジンギスカンの遺伝子は残すべき遺伝子であると自己判断をしてそのように仕向けたと言うなら何となく納得できそうな気がします。「利己的な遺伝子」とは恐ろしい!



以上

表紙に戻る

くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  きよ武自動車学校  アニメ 専門学校  ショーワ  中古ホイール 青森  タイヤ ノート 格安  自動車整備 夜間  スズキパーツ  こまちドライビングスクール  ルチル  保育士 短期大学  音楽 専門学校 福岡  イスト トヨタ 中古  名簿業者