14-3. アウストラロピテクス・セディバ猿人  :二足歩行と脳の関係

  Sicenceの最新ニュースです。一連の5つの論文が一挙に発表されましたがそのうちの1つです。
=================================
The Endocast of MH1, Australopithecus sediba

Kristian J. Carlson, Dietrich Stout, Tea Jashashvili, Darryl J. de Ruiter, Paul Tafforeau, Keely Carlson, Lee R. Berger

Abstract

The virtual endocast of MH1 (Australopithecus sediba), obtained from high-quality synchrotron scanning, reveals generally australopith-like convolutional patterns on the frontal lobes but also some foreshadowing of features of the human frontal lobes, such as posterior repositioning of the olfactory bulbs. Principal component analysis of orbitofrontal dimensions on australopith endocasts (MH1, Sts 5, and Sts 60) indicates that among these, MH1 orbitofrontal shape and organization align most closely with human endocasts. These results are consistent with gradual neural reorganization of the orbitofrontal region in the transition from Australopithecus to Homo, but given the small volume of the MH1 endocast, they are not consistent with gradual brain enlargement before the transition.
=================================

  190万年前の我々ホモ・サピエンスの先祖筋になるホモ・ハビリスなどと同時代に生きていたらしいアウストラロピテクス・セディバ猿人の10〜13才の少年と20代後半〜30代らしい女性の2人の化石から、 二足歩行をしていたにも関わらず脳が小さかったらしい、ということがわかったそうです。 南アフリカの洞窟から見つかった化石である。つまり脳が大きくなったから二足歩行をしたのではないことを示しているそうです。

  ガラパゴス史観は、樹上で木の実などを食べる生活をしていた人類とチンパンジー共通の祖先の一部がアフリカ大地の環境の悪化で棲みやすい森林が縮小しやむなく草原に降り立ち、 大型の肉食獣の頂点捕食者のまねをしておこぼれを頂戴する肉食の捕食者に変貌することで脳が一気に拡大し、樹上に登る機能を捨ててまでして、 グループで狩りをするために言語によるコミュニケーション能力を獲得したのが現代人類へのスタートだった、と考えています。

  つまり樹上から草原に降り立ち肉食に変化してから脳が大きくなり、言語能力を身につけ、狙った獲物が疲れ果てて動けなくなるまでとことん追い回す長距離ランナーの能力を身につけ、 動けなくなった獲物をハイエナなどに横取りされないようにダッシュするスプリント能力も身に付けたはずなのです。つまり脳が大きくなることで様々な能力を得ることができるようになったのです。

  にもかかわらずセディバ猿人が脳が小さかったということは、現代人類の祖先に加わることができなかった半端な進化で消滅した集団であったと言うことになります。 つまり全てのアウストラロピテクスが順調にホモ属に進化したのではなく滅んだ親戚がかなりいたということなのです。 我々ホモ属の先祖のアウストラロピテクスは肉食の捕食者になることで脳が大きくなり現代人類に進化し、灼熱化したアフリカ大地で生き延びるために雑食になり生き延び、 寒冷化し食料の動物がいなくなったヨーロッパ大地で肉食から雑食に変われず絶滅したホモ属の兄弟ネアンデルタール人に生存競争で勝ち残り、 1万数千年前頃にはアメリカ大陸まで拡がり全世界に子孫を残すことに成功した唯一の動物なのです。その後家畜や犬猫などのように人為的に全世界に拡がる動物が出てきたのです。

    とは言っても、ホモ・ネアンデルターレンシスと我々ホモ・サピエンスは出アフリカ後の中東辺りで交配を行い、 ホモ・サピエンスは本来獲得に数十万年もかかるかもしれない大型化や色白・赤髪・碧眼・彫りの深い顔立ちなどの様々の多様なの形質を一気に短期間で手に入れたことで、 ネアンデルタール人が60万年前頃出アフリカした後にヨーロッパ大陸での居住で獲得した形質はホモ・サピエンスに生き続けているのです。 しかし亜種間交配の結果、縄文系主役の日本人男性の41%も占めるY-DNA「D2」の無精子症が多く、精子精製能力が低いという負の遺産も受け取ってしまったらしいのです。



以上

表紙に戻る

くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  きよ武自動車学校  アニメ 専門学校  ショーワ  中古ホイール 青森  タイヤ ノート 格安  自動車整備 夜間  スズキパーツ  こまちドライビングスクール  ルチル  保育士 短期大学  音楽 専門学校 福岡  イスト トヨタ 中古  名簿業者