30-14. 6000年前頃、大柄な縄文人もいたようだ!!

  遺伝子関連の調査はしばらく休養中ですが、面白いニュースは是非共有したいので都度ご紹介します。 今日の中日新聞に下記の記事が出ました。
=================================
【富山】発のニュース
縄文人 170センチ以上あった? 小竹貝塚の出土人骨整理
2011年7月8日

 ←現代人と変わらない30センチ台の上腕骨を持つ縄文前期の人骨を調べる研究員=富山市五福で。

 昨年、縄文時代前期の人骨が多数出土した富山市呉羽町北の小竹(おだけ)貝塚を発掘した県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所(富山市五福)は七日、 報道陣らに公開した整理作業で、人骨の中にはこの時代としては全国でも珍しい身長一七〇センチ以上とみられる男性の骨もあったことが分かったと説明した。

 詳細な調査を担当する国立科学博物館人類研究部(東京都)の研究員らが訪れたのに合わせて作業を公開した。作業員らは、乾燥させた人骨を傷つけないように注意しながら、 ブラシなどで表面の泥を丁寧に取り除いた。

 溝口優司部長は「上腕骨も三〇センチ以上あり、現代人とそう変わらない。縄文時代前期の男性の身長は平均一五〇〜一六〇センチと思われていただけに貴重な発見」と話した。

 事務所は、今秋までに全人骨の処理を終える予定。その後、人骨は人類研究部の移転先である茨城県つくば市に運ばれ、DNA鑑定や血縁調査がされる。

 小竹貝塚は富山市西部の呉羽丘陵に位置する。北陸新幹線の建設に先立つ昨年四〜九月末の調査で、七十一体が見つかった。事務所によると、 縄文時代前期として一カ所で見つかった人骨としては国内最多。 (記事 大野暢子)
=================================

  ホモサピエンスは出アフリカ後近東でネアンデルタール人と交配し遺伝子をもらっていますが、 猿人時代のアウストラロピテクス以来小柄でネグリートだった人類の中で、60万年前頃に先に出アフリカしたネアンデルタール人はヨーロッパ大陸の食物連鎖の頂点に立つ頂点捕食者となり、 肉食のおかげで大柄になり、160−170cmになったそうです。せいぜい140cm−150cmだったホモサピエンスは近東で交配し当然大柄な遺伝子も混ざったはずですが、 その遺伝子はヨーロッパ人やアジア人の先祖を分化形成したY-DNA「F」系に受け継がれ、Y-DNA「C」や「D」「E」系には受け継がれていないと思っていました。 事実現在生き残っているY-DNA「D*」や「C2」は小柄なネグリートです。当然石器・縄文人も遺伝子上ネグリートだったはずですが、 富山の71体もの縄文前期の遺骨の中に170cmはある大柄な縄文人が混じっていたということは、

・ネアンデルタール人自身がY-DNA「C」「D」に混じって
 インド洋−スンダランド−東シナ海−黄海ランド−日本へと移動し、縄文人の一部に混じっていた。
・ネアンデルタール人との交配が中東で進んだY-DNA「D」もしくは「C」の中に
 大柄な遺伝子を獲得した個体がおり、「D2」「C1」の誰かが受け継いだ。

  男一匹五尺の体、150cmが標準だった戦前までのネグリート形質全開だった日本人男性の中にも大柄な男性は当然いたわけですが、 縄文時代から既に大柄な個体がいたとなると、素直な解釈は、日本人も含めた現在人の遺伝子の1−4%を占めるアンデルタール人の大柄遺伝子は、 縄文人にもあったと言うことなのでしょう。

  その後遺伝子解析のニュースが特にない処を見ると、普通に縄文人だったようですね。



以上

表紙に戻る

くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  きよ武自動車学校  アニメ 専門学校  ショーワ  中古ホイール 青森  タイヤ ノート 格安  自動車整備 夜間  スズキパーツ  こまちドライビングスクール  ルチル  保育士 短期大学  音楽 専門学校 福岡  イスト トヨタ 中古  名簿業者