30-26. 日本の人口構成動態 今後はY-DNA「O」の増大と「D2」の減少か!

rev.2 日本人のガラパゴス的民族性に危機が訪れそうな気配が!

  内閣府の試算では、このままの出生率では2110年には日本の人口は極論では4286万人になるそうだ。 狭い日本列島なので人口は少ない方が良いに決まっているのだが、国力から考えると現在の韓国の人口5000万人をも下回り3流国家に成り下がるのは必至の状況のようだ

  しかし下記の新聞記事では、人口減少を移民の導入で補おうという考えらしい。これは集団エネルギー理論で、集団の多様性が増えるほど集団エネルギーは増大する方向に向かい、 国家のパワーはアップするということから考えると、日本人の集団エネルギーは増大する方向に向かうので、もう一度「Japan as No.1」を目指す日が来るかもしれない。 だから良さそうな政策のように見える。



















  問題は、どのY-DNA・mtDNA遺伝子を積極導入し、その時にどのY-DNA遺伝子がリーダーになるのか?ということです。 栄枯盛衰なので現在世界の覇権を争っている白色Y-DNA「R1b」と極東Y-DNA「O3」が2110年でも、つまり100年後でも、覇権を争っていられるかは誰もわからないと思います。

  しかしどうせ移民を受け入れるなら、似た亜型の遺伝子より全く異なる遺伝子の方が集団エネルギーは増大するので、 欧米系、中東系やインド系などのY-DNA「F」系でY-DNA「O」以外の遺伝子を受け入れる方がよさそうです。 Y-DNA「E」のアフリカ系やラテン系は縄文系Y-DNA「D2」とはY-DNA「DE」の子孫同士で近いのでエネルギー増大にはあまり寄与しそうにないので止めておきましょう。

==========================================
rev.1 日本列島人口の遷移

































  上図は紀元後の日本の人口の推移図として割と見かける図ですが、Y-DNAの推移を入れて見ました。
  過去の人口は、特に江戸時代以前の人口は時の幕府が幕府を成立させるために必要な国力である食糧等の生産量を把握するために必要な 分野の人員数を集めているため所詮はわかる範囲でしかないのですが、それでも人口の70%程度は数え上げているのではないかと楽観的に解釈しています。

  では当ガラパゴス史観の疑問は?
・縄文系は、ネアンデルタール人との亜種間交配による負の獲得形質と思われるY-DNA「D2」の無精子症や乏精子症の発生の割合が   他に較べて3〜4倍近くある(故中堀徳島大医学部教授の科研
 費報告)ように、人口増殖率が低いはずのY-DNA「D2」が、何故?現代日本男性の約40%弱を占めていられるのか?
  古代〜中世の時代の資料が語る人口の様子は、
  元々農民として食糧生産活動に従事し人口として認知されていたはずの農民である弥生系「O2b」,「O2b1」に対し、
  縄文系の「D2」のほとんどは貧農や極貧農、下働き・雑用等で人口にはカウントされていなかったでしょう。
  また山の民であった「C3」もカウント対象外と思われます。   しかし海の食料を調達する「C1」はカウント対象だった可能性があります。
  「D2」が人口としてカウントされるようになったのは明治時代になり富国強兵化で前線に送りだされる使い捨て戦力として立ち位置が見つかってからと思われます。
  いずれにせよ低人口増殖率の「D2」は、産めよ増やせよ時代が終わった今後の少子化時代で現在の人口比率を維持することは先ず無理であろう。大幅に減少すると思われます。

  いずれにしても、国の予想は今後人口は大きく減少し、2060年には9000万人を割るだろう、というものです。 安定期だった江戸時代も第一次人口爆発の後下がりかけたのですが、明治維新を迎え再び第二次人口爆発が起きました。 今後の日本は江戸時代や開国後などの成長期/安定期をもたらす要因はもう考えられないので人口は減少する一方でしょう。



以上

表紙に戻る

くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  横手自動車学校  IT 専門学校  SSTツール  タイヤ 寿命  タイヤ プリウス 新品  ボーカロイド 専門学校  クルマパーツ  ふくやま自動車学校  パワーストーン  山梨 合宿免許  マーク2 中古  リノベーションセミナー