9-1. エピジェネティクス:遺伝子制御の仕組みとは! rev.2

rev.2

  分子進化学では既に分子レベルでの後天的な獲得形質の遺伝(エピジェネティクス)は認められており、そもそも遺伝子の発現スイッチのオン/オフがエピジェネティクスであることが わかりつつありますが、いわゆるマクロの進化学つまりダーウィンの進化論の狂信的な信者にとっては、 ラマルク的分子進化論はまだ受け入れたくない状況にありますが外堀は埋まりつつあります。

  分子生物学徒出身の当ガラパゴス史観も最新の進化学を是とする立場ですが、エピジェネティクスだけが最新ではなく、内在性レトロウイルスと異種間交配も含まれ、 特に内在性レトロウイルスの役割は今後大きく取り上げられるはずです。

  エピジェネティクスが重要なテーマになってきたのは、医学界で常識とされてきた、獲得形質は生殖時に白紙に戻る、といわれてきたからです。 ところが、もし白紙に戻るならそもそも生物は進化をしなかったはずなのです。突然変異が定着したのもエピジェネティクスなのです。突然変異は突然獲得した形質です。 生殖現象で白紙に戻るなら生物は今でも前核生物のままでしょう。

  エピジェネティクスの卑近な例は、ホモサピエンスが獲得してきた適応があります。見た目がわかりやすいので理解しやすいと思います。
 ・ネアンデルタール人との交配で受け継いだ高緯度地適応、色白肌/赤髪・碧眼/彫深顔等
 ・寒冷化したシベリアで獲得した寒冷地適応、シベリア系民族のフルフラット顔
 ・強烈な黄砂環境下で獲得した黄砂適応、黄色肌/フルフラット顔
  等です。

  では、先日の新聞の記事をご紹介します。   

















 



















以上

表紙に戻る



rev.1

  当ガラパゴス史観が参考本としている最新進化学の「破壊する創造者」の骨子は「内在性レトロウイルス」が進化の要因でもあった、というものと、 エピジェネティクス(後天的獲得形)という進化の仕組みが働いている、というものです。興味のある方は読んでください。

  このエピジェネティクスはかってラマルクの進化論として知られていた「後天的な獲得形質」による進化が、分子遺伝のレベルで間違いなく働いていることを証明するものでした。 最近やっと多くの研究者に受け入れられつつある古くて新しい進化論になります。

  その提唱者が日本国際賞を受賞され、その記事が新聞に掲載されたので転載します。

  ご興味のある方は「破壊する創造者」をお読みになってから、グローバル論文をお読みすることをお薦めします。

========================================
 

















  
=======================================
  紹介記事13-1.「破壊する創造者」で書いていますが、復習をしますと、

  最新の進化学で報告されている「進化」の4っの要因は、
    「進化」は、推進力となる4つのファクター
     (1) 突然変異
     (2) 共生(内在性レトロウイルスとの)
     (3) 異種交配
     (4) エピジェネティクス(後天的獲得形質)

  これにダーウィンの
     (5) 自然選択
    との相互作用で進化が起る、と説明されています。

  出アフリカしたホモサピエンスが、狩猟採集に留まった非出アフリカ組ネイティヴ・アフリカンに対し、進化できた要因は、

 (1)先輩人類のネアンデルタール人との交雑により、ネアンデルタール人が出アフリカ後60万年掛けてユーラシア(特にヨーロッパ)大陸の高緯度地域で獲得した エピジェネティクスを一気に獲得したこと。
  どんな形質を獲得したかは、記事3-14. 人類の祖先たち(猿人、原人、旧人)をお読みください。

 (2)またネアンデルタール人が築き上げていた、ホモエレクトスから進化したばかりのホモサピエンスと比べて、はるかに高度だった先進文化を一気に獲得した。ことによります。

  出アフリカ後、中東でネアンデルタール人と遭遇したホモサピエンスは、恐らく交雑でY-DNA「DE」(YAP)とY-DNA「CF」系(非YAP)に分化した可能性が大です。
  より多くの形質を受け継いだ方が「CF」となり、「CF」系はネアンデルタール人が出アフリカ後ユーラシア大陸で数十万年かけて獲得した形質(エピジェネティクス)を 一気に受け継いだ可能性が高いのです。

  更に「C」系はアジア大陸に到達後、寒冷化するシベリアで「寒冷地適応」と呼ばれるエピジェネティクスを獲得し、フラットフェースや一重瞼などを現代に伝えています。

    「F」系は、インド亜大陸で、恐らく在地の新たなレトロウイルスに感染したり、インド型のネアンデルタール人と交雑し変異が生じ更に分化したものと考えられます。
  シベリアで発見されたアジア型ネアンデルタール人のデニソワ人との交雑は恐らく新たな分化を生じたはずですが、 最も新しい亜型であるY-DNA「Q」と「R」を分化させた可能性があります
  特にY-RNA「R1a」のブロンド髪やY-DNA「R1b」の赤毛はネアンデルタール人から対立遺伝子が検出されているらしいので、 「ホモサピエンスの数万年程度の歴史では到底獲得出来ない形質」という説明が正しいなら、ネアンデルタール人やデニソワ人との交雑で一気に獲得したとしか考えられないそうです。



以上

表紙に戻る

くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  きよ武自動車学校  アニメ 専門学校  ショーワ  中古ホイール 青森  タイヤ ノート 格安  自動車整備 夜間  スズキパーツ  こまちドライビングスクール  ルチル  保育士 短期大学  音楽 専門学校 福岡  イスト トヨタ 中古  名簿業者