1-4. 琉球列島のY-DNA遺伝子構成









  基本的に日本本土との違いは小さく地方差程度であることがわかりました。

  今回の再調査で、2010年の論文が見つかりました。しかし知りたいことが半分しか触れられておらず当方にとっては極めて中途半端な論文でした。 YAP+度やmt-DNAなどの情報から台湾の影響が南九州にはおよんでいなかったことを証明するための内容なのでY-DNA「D」つまりYAP+度しか報告しておらず、 Y-DNA「O2」や「O3」の結果は全くないのです。読みながら全部調べろよ〜〜と文句を言っていました。 しかしこれで1つわかったことは沖縄本島と宮古島は遺伝子的にはほぼ同じであったことと、 石垣島はYAP+が九州並みに低いことでした。宮古島と石垣島の間に何かあるようです。

  もうひとつ前からあった情報が、添付の表の下の2行です。北琉球と南琉球に分けた遺伝子調査で出典がわからなかったのですが、やっと見つけました。 ところがダウンロードできない学術誌の掲載なので、結局データの真偽はわからずじまいでした。この情報では南琉球のY-DNA「O2b」度は67%と極めて高いのですが、 「O2b1」に進化した集団なのか韓半島から直接南下してきた「O2b」のまま進化しなかった集団なのかが全く分からないのです。 「破壊する創造者」的には主にY-DNA「D2」との遭遇で「O2b」から「O2b1」に西日本で進化したと欧米の研究者は考えています。 南琉球の「O2b」は一体どこから渡ってきたのか?本土からなら「O2b1」のはずですが、朝鮮半島から直接渡ってきたのなら「O2b」のままのはずなのです。 これは大問題のはずなのですが、研究者はそのような捉え方はしないようです。困ったものです。

以上

表紙に戻る



  別の記事で対馬海峡と津軽海峡は大陸と陸続きだった可能性は低いが、北方の津軽海峡は氷結し、人が渡れた可能性はあることが示唆されました。 では琉球列島はどうだったのでしょうか? 当ブログの他の記事でご紹介した日本第四紀学会のQ&Aに下記の質問をして見ましたところ回答がありましたのでご紹介します。

================================
質問:

  質問12で「最終氷期には日本列島と大陸間の海峡は完全につながっていたのですか。」という問いがありましたが、 同じく琉球列島孤はどのような状況だったのでしょうか? どこかとつながっていたのでしょうか。

回答:

  最終氷期の海水準低下量と現在の海峡の水深ならびに現在の琉球列島周辺の構造運動(隆起/沈降速度)から考えると、 最終氷期最盛期における琉球列島と中国大陸との接続は考えにくく、 また、 慶良間海裂とトカラ構造海峡の陸化についても考えにくいので、 最終氷期における琉球列島と中国大陸および九州との一大陸橋の想定は極めて難しいといえます。 最終氷期における海面低下に伴って、 琉球列島はいくらか陸域を増大させましたが、全体として、 島々から構成されていたものと考えられます。 当時の古地理図を描く際の最終氷期における海水準高度(水深)は約120 m(米倉ほか,2001)が提示されています。 この水深は,東シナ海大陸棚における最終氷期の水深=120±10 m (斎藤,1998)と調和的です。

[参考文献]
斎藤文紀(1998)東シナ海大陸棚における最終氷期の海水準.第四紀研究,37:235-242
米倉伸之・貝塚爽平・野上道男・鎮西清高編(2001)日本の地形1 総説.349p,東京大学出版会

回答者 : 河名俊男
====================================

  最寒冷期でさえも琉球列島周囲の水深は120mもあったそうです。と言うことはオーストラロイド形質とされる3万年前頃の港川人(恐らくY-DNA「C1」)はどうやって海を渡ったのでしょうか? 「D2」も行動を共にしていたはずなので、そのうち縄文タイプの化石も発掘されると期待していますが、小舟で漂流し「椰子の実」のように偶然流れ着いただけなら、化石は見つからないでしょう。

  そうなるといつ頃、「D2」「C1」は琉球列島に渡ったのでしょうか?そして何のために。

  伊豆大島で死んだとされた源為朝は琉球へ渡ったという伝説があるくらいなので鎌倉時代ごろに日本本土から「D2」遺伝子が渡ったとも考えられないこともありませんが??でしょう。 尚王朝は?わかりません。薩摩支配は?薩摩はむしろ「C3」と考えているので「D2」頻度が50%近くになるほど渡ってくるとは全く考えられません。

  いずれにせよ歴史時代に入ってから「D2」が島に渡ったと言うなら「O2b」もしくは「O2b1」が先住民となります。これも考えにくいです。

  琉球列島弧は島が散在するだけに船で自由に行き来できるようになるまでは孤立していたはずです。さまざまな分野の研究者も沖縄本島を中心とする北琉球と 宮古島、石垣島などの南琉球では文化も言葉も異なると言っています。しかし遺伝子的にはきちんと調べグローバルで報告された例は全くないのです。

以上

表紙に戻る

くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  横手自動車学校  IT 専門学校  SSTツール  タイヤ 寿命  タイヤ プリウス 新品  ボーカロイド 専門学校  クルマパーツ  ふくやま自動車学校  パワーストーン  山梨 合宿免許  マーク2 中古  リノベーションセミナー