1-8. 縄文遺伝子近縁度調査 Y-DNA「D」とY-DNA「C」

  当ブログで報告している縄文人を構成する3種のY-DNAは「D2」、「C1a」及び「C3a」ですが、グルーバル遺伝子調査の結果として、 日本人のガラパゴス的民族性の基層を担う縄文文化を構成した上記3亜型の兄弟遺伝子亜型の出現頻度からアジアに現存する地域・民族・種族の縄文系近縁度を調べました。 Y-DNA「D*」、「D1」、「D2」と「D3」及び、Y-DNA「C1」、「C2」、「C3a」と「C3b」の頻度合計順に並べて見ました。
  これでわかることは「C」系縄文人の近縁遺伝子が住むのは圧倒的にオセアニアが多いことがわかります。 「D」系はスンダランドから北上し東シナ海-黄海ランドからユーラシア大陸極東部に入りチベット族、羌族、Pumi族などチベット系諸部族となりましたが、 「C」系のかなりの部分がスンダランドをそのまま更に東進したようです。北上組みの中から更にベーリング海峡を渡り北米・中米まで進出し分化したのが「C3b」、 シベリアに留まった集団の中から、その後寒冷地適応集団「C3c」以降が分化しました。












































  日本人でありながら、中国地方の縄文度の低さは目を見はるものがあります。 また長江文明の楚系と考えられるY-DNA「O1a」が突出して多いのも中国地方です、大国主神話の特殊性や吉備の豪族一族などもしかすると楚系の文化・部族なのかもしれませんね。 ともかく中国地方は日本の中で特異な遺伝子地域であり、遺伝子的に異なる部族が住み独特の華南系文化を立ち上げていた可能性が極めて高いのです。 大和朝廷族が朝鮮半島を追い出され流浪の武装集団として大和に向かった時に先住部族として立ちはだかった可能性は極めて高いと思います。 もう少し突っ込んで調べる価値はありそうです。

  日本人のガラパゴス的民族性の核をなすのは、土着の縄文系ではなく武装侵攻系のY-DNA「O3」です。 楽浪郡、帯方郡など中華王朝の出先機関が牛耳っていた朝鮮半島での生存競争を勝ち抜くことができず、 流れ者武装集団として日本列島に逃げ込んできた戦闘集団の中で最後に勝ち残ったのが大和朝廷族となり、 敗れた集団は古事記などの言うその他天神集団となったようです。 最後に勝ち残った百済系大和朝廷族の親衛隊からのし上がった戦闘要員の中から平氏が生まれ、 高句麗から落ち伸びた戦闘集団の中から坂東武者が生まれ、新羅の落ち伸び花朗集団の中から源氏が生まれ、 このような朝鮮半島出自のY-DNA「O3」を中心とする武士団族が縄文-弥生交配集団が居住していた地方を制圧し力を蓄えていったようです。

  日本列島はこうして朝鮮半島発のY-DNA「O3」出自の大和朝廷族と武士団族という侵攻集団に征服されたのです。 そして漢語で読み書きをしていた征服者は先住の縄文−弥生集団をコントロールするために漢語を読み下しできるように 「かな・カナ」を開発し(ただし弥生系は長江文明の子孫なので発音は違っていても漢文・漢語は当然OKだったはずです)、 縄文系と弥生系の神話を自分たちの神話に付け加え、大和朝廷族が古代から日本列島を支配していたように記紀神話を作り上げてきたのです。

  しかし遺伝子調査が明確になるに従い部族・種族の移動が見えてきた現在、 記紀の神話の世界の中で、イザナミ・イザナギ神話は東ユーラシア大陸に最初に上陸した部族と考えられる羌族を核とするY-DNA「D」族の伝承してきた 中国神話の伏羲・女?神話であることが見えてきました。

  大国主神話は呉系か楚系の長江文明系神話で間違いないでしょう。過去の神話学は、遺伝子と部族・種族の動きがわからない時代の研究結果に基づきます。 新しい遺伝子拡散・移動情報を基に再構築する必要がありそうですね。

  縄文人のコアを形成する子亜型Y-DNA「D2」の兄弟遺伝子ハプロタイプは、親亜型の「D*」と子亜型の「D1」と「D3」になります。 アンダマン諸島の「D*」のOnge族とJarawa族が縄文人祖形の直系子孫であることはいうまでもありません。
  縄文文化で土器製作技術や狩猟などを担ってきたと考えられる技術戦闘集団は人口的にはマイノリティだった海のハンターY-DNA「C1a」と陸のハンターY-DNA「C3a」です。 「D2」と行動を共にし南方から北上し琉球列島に港川人の遺跡を残し日本列島に上陸したプロトオーストラロイドと考えられる「C1a」に最も近い弟遺伝子「C2」は、 スンダランドから北上せず東進しオーストラロイドとして現在ニューギニア各地域や他のオセアニア諸島に分布しています。 特にインドネシアに属する西ニューギニアのラニ族とTehit族は「C2」100%の生粋の縄文兄弟系部族です。

    一方、陸組みの「C3a」は日本列島には上陸せず、一部の「D2」と共に韓半島からユーラシア大陸の内陸に入り大型動物を追ってまだ温暖だったシベリヤに展開しましたが、 寒冷化に従い「D2」は当時陸橋だった間宮海峡を渡りサハリンに入り、やはり陸橋だった宗谷海峡から北海道に入り古代アイヌとなり、 一部は陸続きだった根室半島かカムチャッカ半島から陸続きだった千島に入り古代千島アイヌになったものと思われます。 一方シベリアまで「D2」と行動を共にしていた「C3a」は、「D2」と行動を共にせず寒冷化で南下したナウマン象などの大型獣を追って南下し朝鮮半島から日本列島に入ったようです。 この時に南下せず新天地を求めてY-DNA「Q」や「R1」と共に当時陸続きだったベーリング海峡を渡り広大な大移動を決行したのが「C3b」になります。 彼らは土器製作技術集団でもあったため北米南部から中米にかけて縄文土器似の土器を遺跡として残したようです。

  一方、Y-DNA「C3a」のもう一つの弟遺伝子で、南下もせずアメリカ大陸にも渡らずシベリア大地に留まり寒冷地適応をしながら東北アジアに定着したのが 後にツングース族やモンゴル族の先祖となったY-DNA「C3c」です。後に騎馬民族となった彼らは日本列島にも渡り騎馬民族制服王朝を興したと言う学説が戦後大ブームになりました。 遺伝子解析の結果は明快で、日本列島本土に「C3c」の出現頻度は0に近く、騎馬民族制服王朝などはなかったことが明解に証明されました。

  北海道を征服しオホーツク文化を立上げアイヌ人を熊祭りなど北方系文化に変えてしまったのは古代ニヴフ族になります。 残念ながら現代アイヌにどれくらい「D2」文化が残っているかは全く明らかにはなっていません、というより誰も研究していません。 熊祭りなどそれほど東北アジア文化に変えられてしまったのです。現代アイヌ自身も「D2」の風俗習慣はもはや全くわからないでしょう。 それでもY-DNAの約85%は今でもY-DNA「D2」であり縄文人「D2」と同根なのです。 遺伝子は風俗・文化・言語等環境で変わりやすい表面形質ではわからない不変の血統を明らかにするのです。

  しかし本土の「D2」,「C1a」,「C3a」縄文系も、朝鮮半島での勢力争いで敗れ半島を追い出され武装勢力として日本列島に落ちのびてきた 武装侵攻集団Y-DNA「O3」の大和朝廷族や武士団族に征服され、結局北海道の「D2」と同じ”被征服者”の運命を歩むことになりましたが、 絶対人口が少なく古代ニヴフ文化に埋もれてしまった北海道「D2」文化に対し、本土では圧倒的多数派だった「D2」縄文集団は 現代まで基層の縄文文化を我々現代人が感じる縄文精神文化としていまだに維持できています。 3.11の時に世界から称賛された日本人の行動様式はこの縄文精神風土そのものなのです。土地に根付き勤勉で黙々と働き抜くのは縄文気質なのです。

  一方海洋性ハンターとして鯨を追ったりマグロを追いかけたり船を操り海の漁を展開する海洋性気質は同じ縄文人の少数派Y-DNA「C1a」がオリジンです。 「C1a」縄文人は海に乗り出す海の民でもあるのです。

  もう一方のY-DNA「C3a」は陸のハンターとして大陸を股に掛ける日本人の大陸的な気質のオリジンなのです。 「C3b」は北・中米大陸まで民族移動を行い、「C3c」ジンギスカンはユーラシア大陸を東西に横断しヨーロッパまで届くモンゴル帝国を築き ヨーロッパに低頻度ではありますがY-DNA「C3c」遺伝子を植え付けることに成功しました。

以上
表紙に戻る
30-11-1. 縄文遺伝子Y-DNA「D2」

  縄文人の主力はY-DNA「D2」ですが、元々は高度な技術や文化は持たず比較的単純な狩猟採集を行う集団だったようです。 高度な土器製作は古代に行動を共にしていたと欧米の研究者が考えるY-DNA「C1」と「C3」と考えられます。

  しかしY-DNA「D2」は徳島大学医学部の科研費研究で明らかにされたように無精子症や乏精子症の出現頻度がかなり高く 他のY-DNA亜型と比較して人口増殖率が低いにも関わらず、現代でも男性人口の40%の頻度を保ってこられた理由はまだ解明できてはいません。 確かなことは結果として1万年以上に渡る縄文時代の間に日本列島はY-DNA「D2」の土地になっていたはずだということですが、 縄文文化を矮小化したい高名な学者は、縄文人の人口は極めて低かったと大々的に啓蒙活動を行ってきました。

  弥生時代に日本列島に入ってきた弥生人主力の「O2」と少数の「O1」は先端農耕技術を持つ農民として、狩猟採集先住民だった縄文人と棲み分けをしながらある程度友好的に土着化したようです。 もし小さなアンダマン諸島のY-DNA「D*」のようにY-DNA「D2」縄文人が弥生人を殲滅するか排斥をしていたなら農耕文化はここまで定着してこなかったと思われます。 農耕文化は日本列島上陸後意外な早さで青森まで広まったのは、先住の縄文人が受け入れたからです。 長江を追われた弥生人たちは吹き溜まりの日本列島に落ちのび、これ以上逃げる先がないことをわかっておりしかも農耕に適した気候風土だと理解したため、 縄文人が受け入れられるように友好的に共存するやり方を取ったと思われます。
  Y-DNA「D*」100%のOnge族やJarawa族を見て縄文人の姿を推測してみたいと思います。 アンダマン諸島の遺伝子調査で有名なThangarajらの2002の論文を見て改めて「Onge 」族と「Jarawa 」族が100%純粋なY-DNA「D*」であることが改めて確認できました。 アンダマン諸島はインドからの統治者や、インドシナ半島のカレン族の強制移住で余計な遺伝子が混じり込んでいるのですが、幸い上記2部族は人口は非常に少ないのですが、 なんとか純粋なY-DNA遺伝子を保っているようです。インターネットで入手できる写真を参考に(個人ブログなので未許可で)アップします。

  先ず、2004年(撮影者Klein)のJarawa族の集合写真だそうです。Jawara族とOnge族は50000-60000年前頃に出アフリカした当時のY-DNA「D」の姿を100%留めている、と言われています。 そして世界で最も黒い種族とも言われています。現代のサハラ以南のアフリカ人はY-DNA「E」と「A」,「B」の交配の結果なので一番黒いわけではないのだそうです。















  Onge族の1980年代の写真2枚です。撮影者は不詳だそうです。










  別に白人と並んで撮影した写真もありましたが、Y-DNA「D*」はいわゆるネグリートで大人の男性で身長150cm弱で、日本人の「男1匹5尺の身体」は 文字通りこのY-DNA「D」タイプの持つネグリート性遺伝子に他ならないようです。記事30-12.でご紹介するY-DNA「C1」もやはりネグリート体質なので、 縄文文化を構築した「D2」と「C1」は共にネグリート体質(しかも黥面文身の文化)であったことは間違いありません。 またアイヌ民族の「D2」も黥面文化だったので(さすがに北国なので衣服で守るため文身の写真は見たことがありません)、古代部族に共通する独特な身体装飾文化を守ってきたっことが良く解ります。 したがって魏志倭人伝に出てくる黥面の「倭人」はこの縄文人の子孫で間違いないでしょう。「倭人」は中国が蔑んで呼んだのではなく、文字通り小柄だったからなのです。 また中国の正史によく出てくる「倭」はまさにこのネグリート体質を持った部族が東アジアのさまざまな場所に住んでいたことを示しているのだと思います。 現代でもチベットで高頻度の「D1」「D3」が居住していますし、モンゴルや朝鮮半島にも「D1」は見つかり、東南アジアにも見つかります。 「D」は最初の先住民として東ユーラシア一帯に拡がり、新参の「O」に負けて辺境に四散したと、欧米の研究者は説明しています。 その辺境の代表例がチベット高原と日本列島なのです。だから辺境に「倭」はいたのです。

  日本人には記事30-20.でご紹介したように基本的に陽に焼けてこんがり色になるタイプの人と、真っ赤に腫れあがり皮がむけるタイプと分かれますが(勿論中間もありますが)、 色が黒くなるタイプのヒトは「D2」と「C1」の遺伝子タイプのはずです。つまり縄文人の子孫の倭人の子孫でしょう。 夏に問題なく黒くなれるタイプの遺伝子のヒトは紫外線を自然に防御できるタイプでしょう。日本人の遺伝子がさまざまある以上、日光に強いタイプ、弱いタイプがあるのは当然です。 当方の家内は黒くなりやすいタイプですが、目は人一倍まぶしがり屋ですサングラスが欠かせません。目にはメラニン色素がないので防御できないようです。 その分奥目タイプで光がまっすぐに目に入りにくい顔面構造をしています。当方のようなフラットな顔面構造の方が目は光に強いようです。サングラスは掛けたことがありません。

  大陸棚が良くわかる地図がありました。アンダマン諸島が最寒冷期時代大陸と陸続きであったことがよくわかります。 また東南アジア部分は一面の大陸棚でオーストラリア大陸まで陸続きの広大なスンダランド大陸でした。 Y-DNA「D]や「C」、mtDNA「M」は図の左端のインドの東海岸沿岸づたいに駆け足で移動し「D」の一部はアンダマン部分に留まり、他は図の右側のスンダランド部分に更に進んだのでしょう。 現在の東南アジアやスンダ列島、ニューギニアやオーストラリアの先住民にY-DNA「D」が全く検出されないということは、Y-DNA「D」集団は 当時120m〜130m低い海面のおかげで陸になっていた、東シナ海−黄海ランドを北上し中国大陸部に上陸したと思われます。
その一部は浅い川程度の存在だった対馬海峡を通って日本列島部分に到達したのでしょう。



















薄い水色部分が大陸棚で当時120m〜130m低かった海面時代に陸地だった部分です。ここを恐らくY-DNA「D」と「C1」「C3」が移動したものと思われます。
























以上
表紙に戻る
30-12-1. 縄文ハンター遺伝子Y-DNA「C1a」,「C3a」。

  さてY-DNA「D」と一緒に行動をしたらしいY-DNA「C」はどんな集団だったのでしょうか? Y-DNA「C1」は既に日本人の中に混じり、オリジナルの姿を想像するのは不可能ですが、極く近い兄弟遺伝子Y-DNA「C2」100%のLani族の集団が西ニューギニアに存在しています。 この集団からより古い「C1」のオリジナルの姿は容易に再現できます。

  左図はガイドのJahoda Pe-trさんの観光用の写真です、この集団は褐色の肌色です。日本人でもいくらでもいる色黒タイプです。また陽に焼け易い人は夏の定番のやや濃い目の小麦色です。
  右図はLani Singersが2010年9月にポーランドのフェスティバルに参加した時の写真です。











  Y-DNA「CF」と「DE」は出アフリカ後近東で既に高緯度地適応し白人のような肌の色をしたネアンデルタール人と遭遇し「BT」から分化しましたが、 「DE」から更に「D」と「E」に分化後、「D*」100%のJawara族やOnge族は現代までオリジナルのジャガイモ顔と黒い肌色を保っていますが、 「CF」から分化した「C2」100%のLani族は全く異なる肌色・風貌になっています。

  したがって日本列島に上陸したY-DNA「C1」も当然この部族のような感じだったはずです。実は当方が新入社員時代の新人研修先の製造部の課長は一番右の歌手と瓜二つでした、 ただし肌の色は普通の日本人の肌の色になっていましたが、見事な縮れ毛でした。先ずまちがいなく「C1」遺伝子だったと思います。 このような「いかつい」ソース顔立ちは欧米に多く見られ、日本でもわりと良く見かけるので日本人の遺伝子として定着していることがうかがえます。 ホモ・サピエンスとホモ・ネアンデルターレンシスが交配した当時の顔立ちなのでしょう。

  この写真ではLani族はがっちりした大柄のように感じますが、白人と並んだ写真を見ると実は小柄(ネグリート)であることが解ります。 初期の現代人はアウストラロピテクス以来140cm〜150cmと小柄だったのです。 しかし「魏志倭人伝」のころの中国大陸の為政者は背が伸び、「D2」や「C1」は「倭」と呼ばれるほど小柄な存在になっていたようです。「倭」は山海経で至るところに出てきます。 「倭」は決して蔑称などではなく、本当小柄だったために呼ばれた名称で、当時は中国大陸のあちこちに小柄な集団が居住していたようです。

  「C2」は現在のニューギニアに定着し、「C4」はオーストラリアのアボリオジニーになりました。Y-DNA「C」は基本的にオーストラロイドの祖先です。 オーストラロイドの祖先は近海でマグロなどの深海性の魚類まで釣っていたほど海事技術力が高かったことが昨年末のサイエンスに報告されました。 写真はY-DNA「C2」100%のLani族です。ペインティングで鯨面をしています。右側の男性はLani Singersの歌手です。肌色を薄めると日本でも沿岸部の漁労民系に良く見かける風貌です。 顔写真だけだと大柄そうな感じがしますが、彼らも見事にネグリートなのです。

  Y-DNA「F」の分化の地のインド人は意外に小柄なように古代シーラカンス遺伝子はアウストラロピテクスから継続しているネグリート体質を見事に維持しています(若干背は伸びていますが)。 食糧事情が良くなるにつれてネアンデルタール人から受け継いだ大柄な形質が発現するようになり、穀物食だった日本人は戦後肉をかなり食べるようになったことで、 肉食で大柄になったネアンデルタール人の形質が発現されるようになりました。それでも強固な縄文形質はまだ維持されており、縄文度の高い小柄な日本人の割合はかなりまだ高いのです。

  「C1」はなんと日本列島のみに存在し、特に徳島、青森、沖縄などに多めに残っています。 「C1」は恐らく琉球列島で発見されるオーストラロイド似の人骨の遺伝子と思われ、上の「C2」の写真のように 日本列島に時々みかけるオーストラロイド風形質(彫が深くややいかつい風貌のソース顔)の遺伝子と考えてまちがいないでしょう。 これは前述のネアンデルタール人から受け継いだ形質そのものです。「D2」とともに日本列島に上陸したものと考えられます。 貝文土器の製作技術集団で海の民でもあったようです。日本各地に残る捕鯨基地など海洋性の伝統はこのY-DNA「C1」の子孫が伝えた文化ではないかと思われます。



以上

表紙に戻る

30-11-2. 縄文遺伝子Y-DNA「D2」のネグリート(倭人)体質

  日本人は今でこそ食糧事情が世界最高水準と良くなり、質素な穀物系食事で発現が抑えられていた身長の遺伝子が肉食化で一気に解放され男子の平均身長は172cmまで伸びてきましたが、 江戸時代まではまさしく男一匹5尺の体で150cmが日本男児の平均で、見事なネグリートでした。
明治33年からの文部省の統計があり、17才の身長の推移が統計データとして公開されてましたので転載します。20-29才の厚生労働省の最近のデータもありましたので比較に転載します。 一目瞭然ですが、身長の伸びは17才でほぼ止まることが極めて良くわかります。

















































































  この統計データをグラフ化してみました。






























  日本人の身長は1994年をピークに止まり最近は逆に若干下がる傾向にあることもわかります。
  明治33年ごろの17才男子の身長はまだ158cmです。明治維新で文明開化し食糧事情が改善されて33年経ってもまだ身長遺伝子は全開放されておらず、 8cm高くなった程度でした。戦後まで戦時中の食糧難もありあまり伸びていませんでした。
  これを見ると日本人の身長が本格的に伸び始めたのは戦後になり誰もが腹一杯食べられるようになった1950年頃からです。 この後30年間で日本男子の身長は身長遺伝子のMaxまで一気に10cm近く伸びたのですが、まだ伸びると思っていた身長は1980年頃には既にほぼ止まってしまいました。
江戸時代から100年かかって日本男子は身長を20cm伸ばしてきましたが、今は完全に止まりました。

  この要因は、日本人の約40%近くを占める古代遺伝子であるY-DNA「D2」縄文遺伝子と日本人の67%を占めるmtDNA「M」系縄文遺伝子のネグリート性が これ以上の高身長化を拒否しているようです。もしY-DNA遺伝子亜型別に身長が統計できると極めて見事な結果になると思います。
  当ガラパゴス史観の周囲にも150cm台の小柄な男性は若い人にもかなりいます。戦後の食糧事情の改善で、もともとネアンデルタール人譲りの大柄遺伝子を持つはずの Y-DNA「CF」系統のY-DNA「C1」,「C3」,「O2b」,「O2b1」や「O3」の身長は一気に伸び、平均身長を押し上げたと思われます。
  魏志倭人伝の頃の日本列島はY-DNA「D2」と「C1」及び「C3」が人口の大部分を占めていたため文字通りネグリート=倭人が大多数の地域だったからこそ「倭人伝」が出来たのでしょう。 比較して大柄だったはずの呉系長江文明人のY-DNA「O2b」と「O2b1」は日本列島で既に稲作を展開していたはずですが、ボートピープルとして小集団で対馬海峡を渡ってきたため まだ十分な人口は無く(もし既に十分な人口があったなら、長江文明系呉越風の風俗習慣も併せ倭人伝にその旨記載されていたはずです。)中国王朝にはまだ知られるほどではなかったのでしょう。

以上
表紙に戻る
 
くりっく365とは   プロフィール  PR:無料HP  カラコン 送料無料  ゲーム 専門学校  バイク  カーナビ 交換  タイヤ パッソ 新品  インテリアコーディネーター 専門学校  エンジンパーツ 中古部品  モルダバイト  保育 短大  トリプルエー投資顧問 評判  中古ホイール 本庄市  名簿販売